読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日、会社辞めます。

転職するかもしれないアラサー女の日常です。ゆとりです。

プレミアムフライデーってなんやねん!!

夫から私が勤めている会社は超絶ホワイト中のホワイトだから何があっても辞めないほうがいいと常々言われていました。

そんなホワイト企業の弊社は本日プレミアムフライデーらしいです。

「らしい」というのは、実施場所は本社だけで現業部門は実施見送りになったからです。

私がいる部署はもれなく現業なので全く関係ないのですが、社印などを書類にもらわなければいけないので15時に間に合うように本社に行きました。

本社といってもすぐ隣のビルなのです。

 

社印を押して、さぁ戻ろうと思ったその時、ひとつ用事を思い出しました。

時すでに15時。

あー申し訳ないなーと思いつつも、物品を受け取るだけだったのでそんなに時間もかからないし…と思いお願いした人に声をかけると

 

「わたし今日は15時に帰らなきゃいけないのにーー!!!!!」

 

なぜBBAという人間はこんなに人をムカつかせる能力を持っているのでしょうか。

とりあえず、その場がめちゃくちゃ凍りました。

こっちもカチンときたので、「あ、じゃあいいです。」と冷たく言い放ったら他の人が見かねて対応してくれた…。

 

てかさー?

用事あるのはわかるけど、15時に帰らない人もいるんだからそれはちょっと配慮するべきだったんじゃないの?だから独身なんだよクソBBAなどと思いましたが、あと4日行けばいいだけの会社なので胸にそっとしまいました。

 

そう。

わたしはあと4日行くだけ。(予定では)

4日我慢すれば、全てから解放されるのだ。

だから今は我慢。

 

2日休んでる間に、有給ばかりついた来月の勤務表を見た事務所の人が

「え…辞めるの…?」

「なんで…?」

というかんじになっていたのですが、話しかけんなオーラを出しているのでごくごく僅かな人にしかお話しませんでした。

 

楽しかった思い出もたくさんあるけど、今は遥かにそれを上回るストレスで心が疲弊しているかんじがします。

人々の顔を見ると、「あ、この人はこういうことを一緒にやったな、お世話になったな」と思う人もいれば「コイツあの時こうであんなこと言われた」とか鮮明に思い出す人もいます。

わたしは記憶力がよすぎるのかもしれません。些細なことに。夫からも言われます。

 

まぁ、2日に歓送迎会あるしいいか。

(わたしは送別してもらえるのかよくわからないけど)